« 2007年の上映作品 | トップページ | 上映作品:「晩秋」 »

2007年9月 5日 (水)

上映作品:「バカンス」

今年の上映作品はチェコ映画7本、日本映画1本です。
全体に通じるテーマは「旅路」といえるかもしれません。

映画祭スタッフの一人がチェコの旅行中に映画館で観て、どうにかして日本でも観られる機会を!と思っていたところ、実現したのがこの「バカンス」です。

「バカンス(Ucastnici zajezdu)」は、チェコからヤドランというクロアチアの海岸の町までバスツアーに参加した一行の物語です。

海のないチェコに住む人が、夏休みにとっておきの旅行をするとなれば、白い砂浜に青い海。
理想的な夏休み。

そんなバスツアーにはさまざまな参加者がいました。
一夏の経験に期待する若い女子二人組。
ハンサムな男の子のグループ。
不仲の中年夫婦と、その仲を取り持とうとしたような娘さん。
おばあさんと付き添う女性。
海オタクらしきシャイなメガネ男子。
落ちぶれた歌手。
それぞれが、「バカンス」の空気にちょっと浮き足立って、本人は気づかないながらもなんだかコミカルになっちゃっています。

海、旅という非日常に、「何かがあるんじゃないかな?」と思っているワクワクな人も、そんなにワクワクするのもねってシラケてみせる人も、相方にシラケられた人も、みんなの気持ちに共感する、とてもすてきな映画です。

ぜひ海沿いのみなとみらいエリアで観てほしい一本です!

|

« 2007年の上映作品 | トップページ | 上映作品:「晩秋」 »