« 上映作品:「野の花」 | トップページ | 上映作品:「ギンプル」 »

2007年9月24日 (月)

チェコといえば……

「チェコ映画祭」といいますが、みなさんはチェコ映画を見たことがあるでしょうか。
そして、チェコに行ったことがあるでしょうか。
あるいは、どこにあるかご存じでしょうか。

ヨーロッパの真ん中にある国です。
チェコ語が公用語で、1000万人ほどの人口がいます。
海のない内陸国で、ドイツ・ポーランド・スロヴァキア・オーストリアに囲まれ、ビールと音楽が有名です。

クルテク(もぐらくん)をはじめとした児童文学が豊かで、最近はアニメーションなども有名ですが、じつはずっとずっと前からチェコといえば……ほとんどの日本人が知っている話がいくつかあるのです。

チェコのビールが有名。
といっても、これはビール通以外は知らないかもしれません。
日本のビールはおいしいですし、いまはアイリッシュビール、ベルギービールが人気がありますが、そんなビールを日常的に愛飲しているヨーロッパの人たちが安くておいしいと集まるのがチェコであったりします。

チェコでは生中、しかも作りたての地ビールが日本の約10分の1の値段で飲めます。
昼からビールを一杯だけ注文して、オープンテラスでたたずむおじさんの姿もよく見かけます。
首都プラハ以外でも、有名な地ビールが各地にあります。

アメリカの「バドワイザー」という有名なビールがあります。
日本でもパッケージやお店でのキャンペーンガールの服装で知られていますが
あの「バドワイザー」も
そもそもチェコの街のドイツ名「ブドヴァイス(Budweis)」から来ています。

なんとビールの醸造が始まったのは1265年という説も。
日本だと鎌倉時代でしょうか。
プラハにある黒ビールの有名なお店「ウ・フレクー」という居酒屋の創業も1499年。
そのころ日本は応仁の乱とか、室町時代です。
日本史ではそんな揺れ動く武士の時代から、長らく愛されている国民的飲料がチェコのビールです。まさに文化。

「ブドヴァイス」は、いまはチェスケー・ブジェヨビツェという名前で、チェコ南部の大きめの都市です。
日本人でも観光したことがある方が多いかもしれません。
オリジナルの「バドワイザー」は「ブジェヨビツキー・ブドヴァル(リンク先は音が出ます)」という名前で、日本では「バドバー(ブドバー)」という名前で売られています。

フルーティーで飲みやすいと評判のバドバー。
日本でも、都市部を中心におしゃれなカフェや外資系スーパーに置かれています。

10月のチェコ映画祭の行われる横浜美術館から海を見ながらワールドポーターズまで移動すると、27、28日には「横浜チェコフェア2007」が行われています。
おそらくビールをはじめとする名産品も並んでいる予定ですので、あわせてお立ち寄りください!

|

« 上映作品:「野の花」 | トップページ | 上映作品:「ギンプル」 »